2017/10/07

【パネマジとは?】デリヘルの写真に騙されない方法

パネマジとは?

パネマジとは、風俗で女性の写真を別人レベルで加工・修正することです。正式名称は「パネルマジック」。ブスな女性は可愛い顔に、太っている女性は痩せている姿に、貧乳な女性はおっぱいが大きな巨乳に、風俗店がパネル写真を自由自在に変えることができます。

写真の修正・加工はなぜ必要?

風俗でパネマジを行う理由は「集客したいから」です。お客さんを騙すつもりではなく、少しでも商品をよく見せたいという目的。デリヘルのような出張型風俗店では集客のほとんどを営業サイトに頼っています。過度なパネマジは悪ですが、多少の加工はしょうがありません。

最近では、デリヘル嬢の身バレ対策として写真の加工・修正を行う風俗店が多いです。タトゥー・ほくろ・そばかす・妊娠線・手術痕を消すのは当たり前。特徴のある写真はネットやSNSですぐ特定される時代だからです。求人募集では「アリバイ対策」に力を入れています。

別人レベルの写真は詐欺?違法?

別人レベルのパネマジでも詐欺・違法ではありません。詐欺罪・景品表示法などに該当しないため、裁ける法律がないからです。男性ができることはデリヘル嬢をチェンジ・キャンセルすることだけ。不安なら予約前にチェンジのルールを確認しておきましょう。

しかし、別人レベルのパネマジではなく、完全な別人だったときは「景品表示法違反」で通報できます。2年以下の懲役・300万以下の罰金です。法人の大手風俗グループでは3億円以下の罰金と、刑が一気に重くなるので、別人の派遣(振替)をやっている風俗店はありません。

パネマジを見抜く方法

デリヘルの写真のパネマジを見抜く方法として、「目を見ろ」「ボディラインを見ろ」などのテクニックは通用しません。Photoshopを使ったレタッチ技術は日々進化しているからです。どの風俗店も「自然な写真加工」を目指しているので、中途半端に騙されるだけでしょう。

風俗サイトの動画を見る

「シティヘブン」「ぴゅあらば」「フーゾクDX」のような風俗サイトにはデリヘル嬢の動画がアップロードされています。顔出しなしの動画が多いですが、中には顔出し・モザイクなしの本当の姿が見られる女性もいます。写真の加工を疑うなら動画がおすすめです。

パネマジなしで動画に出演している女性はお店の看板なので見た目が可愛い確率は高め。また、動画出演のマスコミ手当が欲しい=お金を稼ぎたいという女性なので、連日出勤していることが多く、デリヘルが初めてな男性でも指名が取りやすいメリットがあるでしょう。

初めてのデリヘルで失敗しない使い方・遊び方【初心者必見】
デリヘルとは? デリヘルとは、ラブホテル・自宅に女性を呼び、キスやフェラなどのプレイができる風俗のことです。正式名称は「デリバリーヘルス」、略して「デリヘル」、更に略して「デリ」

デリヘル嬢の写メ日記を見る

風俗サイトの動画で目星を付けたら、デリヘル嬢の写メ日記を見てください。本当にパネマジで失敗したくないなら、過去の記事まで全部目を通すことをおすすめします。写メ日記の写真は加工なし・スタンプのみなので、パネマジに騙される可能性が低いです。

しかし、中には風俗店のスタッフや外部ライターが更新している写メ日記が存在します。有名所だとAV女優が在籍するデリヘルが挙げられます。「パネマジを見抜くには写メ日記!」と過信せずに、様々な情報を確認することが騙されないための対策でしょう。

風俗店の体験入店速報を見る

動画や写メ日記で好みの女性が見つからないときは、風俗店の出勤表や体験入店速報を確認してください。学園系や素人系のデリヘルでは、「●月●日体験入店」と記載がある女性がひとりくらい居るはず。明らかにスタジオで撮った写真ではないその子です。

デリヘルでは体験入店(体入)の女性が”売れます”。そして、デリヘル嬢は1日でも早く体入したいと応募してきます。そんな双方の事情があって、デジカメで撮った即席な写真を掲載しているのです。シンプルな写真の加工のみで、パネマジの確率が低いのが特徴。

口コミサイトを見る

パネマジがある風俗店か、パネマジがない風俗店かを見抜くには、風俗の口コミサイトを見るのが手っ取り早いです。なぜなら、パネマジをやっている風俗店には、悪い口コミが自然と付くものだから。口コミサイトでお店の評判を見てから、女性を選び始める方法が効率的です。

1番おすすめな口コミサイトは「kaku-butsu(カクブツ)」。100店満点の点数で評価されているため、悪質店か優良店かすぐ分かります。AVでおなじみのSODが運営しているとのこと。月額2980円のライト会員に課金しても、毎月発行の3000円割引で元が取れます。