2017/10/08

【風俗の種類まとめ】初心者におすすめな風俗ランキング12選

1位:ソープランド

「ソープランド」は、風俗初心者に1番おすすめしたい風俗の種類。「風俗の王様」と呼ばれるだけあって、最上級なサービス内容を体験できます。唯一、本番(セックス)が許されている風俗でもあります。ソープランドは童貞卒業にも向いているでしょう。

すすきの・吉原・雄琴など限られた場所にしかありませんが、初めての風俗でも利用しやすいおすすめな店舗型風俗です。しかし、料金システムは少し分かりづらいのが難点。風俗店のホームページに書いてある「入浴料」の約3倍の「総額」が必要と思っておいてください。

初めてのソープで童貞が知っておきたい内容と流れ【初心者必見】
ソープランドとは? ソープランドとは、ソープ嬢と本番(セックス)できる風俗です。つまり、一発で童貞卒業できるサービス内容を受けることができます。18歳以上の男性なら、童貞でも包茎

2位:ピンサロ・キャンパブ

「ピンサロ」は、フェラで射精できる内容の風俗。フィニッシュは口内射精が基本のサービスです。正式名称は「ピンクサロン」で、名古屋エリアでは「キャンパブ(キャンパスパブ)」とも呼ばれています。ソープランドと同じく店舗型で初心者におすすめな風俗の種類です。

ピンサロの料金は「20代6000円」「30代3000円」が相場です。プレイ時間は30分前後。ピンサロ独自のサービス「花びら回転」では、時間の途中で別のピンサロ嬢と入れ替わって、手コキ・フェラをしてもらえます。低価格で抜きたい男性におすすめな種類の風俗。

3位:ヘルス(箱ヘル)

「ヘルス」は、正式には「ファッションヘルス」という風俗の種類。店舗型=箱のヘルスだから「箱ヘル」と呼ぶのが一般的です。プレイ内容はデリヘルと違いありません。サービスを受ける場所がラブホテルや自宅ではなく、店舗内のプレイルームという違いだけです。

しかし、ラブホテル代が節約できるのは、初めて風俗を使う初心者におすすめできるポイント。30分コース1万円以下で使えるコスパの良さです。本番(セックス)はありませんが、まるで挿入しているような素股(すまた)プレイで逝くことができるでしょう。

4位:ホテヘル

「ホテヘル」は、ラブホテルでヘルスの内容を受ける風俗。初心者におすすめな理由は、受付所でパネマジ(過度な修正)がない写真を確認できるから。また、風俗店のスタッフがラブホテルの候補を上げてくれて、ラブホテルまでホテヘル嬢が一緒に同伴してくれるからです。

ホテヘルの料金は箱ヘルより高く、デリヘルと同じくらい・少し高めに設定されています。ラブホテルが少ない地方には店舗がありませんが、大阪の梅田・東京の池袋ではホテヘルは人気の風俗の種類です。受付所からラブホテルまで恋人感覚で向かえるのがおすすめポイント。

5位:デリヘル

「デリヘル」は、自由度が高い分、初心者には少しおすすめしにくい風俗。しかし、全国に20000近くの店舗数があるため、地方に住んでいても使いやすいのがメリット。数ある風俗の種類で24時間いつでも使えるのは「デリヘル」と「風俗エステ」くらいです。

デリヘルの種類には様々なコンセプトがあります。ロリ系・学園系・素人系・ギャル系・若妻系・人妻系・熟女系・ぽちゃ専門店・巨乳専門店など。性的趣向にあった風俗店を選べるのがデリヘルをおすすめする理由です。自由度が高いですが、本番(セックス)はできません。

初めてのデリヘルで失敗しない使い方・遊び方【初心者必見】
デリヘルとは? デリヘルとは、ラブホテル・自宅に女性を呼び、キスやフェラなどのプレイができる風俗のことです。正式名称は「デリバリーヘルス」、略して「デリヘル」、更に略して「デリ」

6位:性感エステ

「性感エステ」は、手コキのサービスがある風俗のエステ。本格的なエステ・マッサージが受けられるため、仕事の疲れが溜まっている社会人におすすめしたい風俗の種類です。箱ヘルやデリヘルのようにフェラ・素股はありません。しかし、性感帯の刺激が気持ちいいです。

性感エステの料金はホテヘルより少し高いです。その分、可愛い性感エステ嬢による質の高いサービスが期待できるでしょう。アソコのお触りができませんので、受け身でプレイを楽しみたい風俗初心者におすすめなサービスが性感エステです。

7位:オナクラ

「オナクラ」は、手コキ風俗とも呼ばれる風俗の種類。サービス内容は手コキが基本です。有料オプションを追加することで変わった趣向のプレイが楽しめます。デリヘルのようにフェラ・素股が追加できるオナクラも存在しますが、料金がとても高くなります。

基本プレイの手コキだけなら20分3000円が料金の相場。これだとフェラがあるピンサロのほうがお得ですが、オナクラは可愛い女性ばかり在籍しているのが特徴です。「風俗嬢は顔」という面食いな男性にオナクラはおすすめの風俗。初心者の初めての風俗に向いています。

8位:イメクラ

「イメクラ」は、非日常が楽しめる風俗。(逆)痴漢プレイ・(逆)夜這いプレイ・(女)教師プレイ・ナースプレイなどシチュエーションは様々。企画モノのAVが好きな風俗初心者におすすめな内容です。痴漢願望が合法的に叶えられる唯一の場がイメクラという風俗の種類。

最近ではアニメやゲームのコスプレをした女性からサービスを受けられるイメクラも存在します。漫画やソシャゲの知識が豊富なイメクラ嬢が多いので、オタクな男性に初めての風俗としておすすめできます。コスプレ衣装を着たままプレイも楽しめるはずです。

9位:おっパブ(セクキャバ)

「おっパブ・セクキャバ」は、おっぱいを好きなだけ触れるおっぱい好きにはたまらない内容。正式名称は「おっぱいパブ」「セクシーキャバクラ」です。ピンサロと同じく「飲食店」として運営していますが、なぜか風俗の種類に入れられることが多いです。

サービス内容は服の上からおっぱいを触るだけの内容から、アソコのお触りまでOKな内容まで様々。風俗が初めての初心者は「できること・できないこと」を確認することをおすすめします。おっパブ・セクキャバは女性との同伴(プレイ前のデート)が許されています。

10位:回春エステ

「回春エステ」は、精力増強・ED治療が目的の風俗の種類。回春エステと性感エステの違いはサービス内容です。性感エステは性感帯を刺激する初心者向きの風俗。一方で、回春エステは前立腺マッサージで勃起力を回復させる「治療」です。最近衰えを感じる30代以上向け。

しかし、回春も性感も気持ちいいことには変わりありません。エネマグラで開発されて、勃起不全(ED)・中折れが改善された事例を耳にします。ヘルスの素股やソープの本番で上手くいかない男性におすすめな風俗の種類が回春エステなのです。

11位:M性感

「M性感」は、男性が受け身になりソフトSMを楽しめる風俗。風俗の種類の中ではマニアックな業種です。その分、M性感の店舗数も少ないのが特徴。M性感がおすすめな男性は、M気質・童貞が当てはまる人です。Sっ気がある・女性の身体を触りたい男性には向きません。

プレイ内容は、目隠し・拘束・ペニスバンド(ペニバン)など。SMクラブに近い内容をソフトサービスで体験できます。「痛い」「つらい」なんてことは感じません。ドMな男性ならただただ気持ちいいはず。SM初心者にぴったりな風俗の種類です。

12位:SMクラブ

「SMクラブ」は、普通の種類で1番ハードなサービス。M性感はMだけですが、SMクラブはSとMの両方を楽しむことができます。初めての風俗にはおすすめできない内容ですが、SMプレイに興味ある男性は検討してみても良いと思います。

しかし、SMクラブの料金の相場はソープランド並み、それ以上を覚悟してください。ソフトSMは「60分2万円」、本格的なSMは「120分4.5万円」がアバウトな相場です。高額な料金の元を取れるくらいの非日常なサービスを味わえるのは間違いありません。

初心者におすすめしない風俗の種類

ここまで初めての風俗におすすめしたい風俗の種類を紹介しました。ここからは初心者におすすめしない風俗の種類を解説します。「ソープランドにするか?ピンサロにするか?」といまだに決めかねている男性は、これから挙げる業種だけは避けておいたほうが良さそうです。

ちょんの間

「ちょんの間」は、本番(セックス)ができる裏風俗。料亭として営業しているため、風俗の種類の中でもかなりグレーゾーンです。サービス利用中に警察に摘発されると、「売春あっせん」で逮捕されます。風俗初心者には絶対におすすめしません。

メンズエステ

「メンズエステ」は、抜きなしのエステ・マッサージ。中には抜きありのメンズエステがあると噂ですが、それは風俗営業許可申請を出していないグレーな風俗店です。同じくらいの金額を払えば、回春や性感などの抜きありエステを安全に利用できるはずです。

韓デリ(韓国デリヘル)

「韓デリ」は、初めての風俗におすすめできない風俗の種類。なぜなら、電話予約に難がある・パネマジ(過度な写真加工)が酷い・まともなサービスが期待できないからです。相手は全員韓国人とのこと。風俗初心者でなくとも満足できる可能性が低いでしょう。

ニューハーフヘルス

「ニューハーフヘルス」は、いわゆるオカマの男性からサービスを受ける風俗。「男の娘風像」として営業する風俗店もありますが、風俗初心者には難易度が高すぎる内容だと思われます。もし、利用するなら玉なし・竿なしなどの情報を確認しておきましょう。